×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

そこにナニがあるから

岩本観音 三角点峰
標高 212.0m 



2011年 1月22日(土)
 
トップ画像をクリックで地形図にとびます


北側から 採石場の壁の上が三角点峰
下野三十三観音の一つである岩本観音。わかりずらい場所にあるせいか、あまり行ったという話を聞かない。
三角点巡りのサイトで眺望が良いという情報を得たが、その他の具体的な情報はweb上では見付からなかった。それじゃあ、けむぞうさんの出番だろー。
 
先日に購入したばかりのママチャリでサクッと遠征だ。地形図もコンパスも必要ないだろうと丸腰でサイクリングヤッホー。
だって、地形図を見ても等高線が入っているんだかいないんだか、わからないくらいなんだぜ?

馬頭観音左手のクーロワール。 ここはズリ落ちて敗退。
南東側に凝灰岩で出来た階段の参道がある。信仰の山にありがちな空気が重いというか、そんな雰囲気(頁下写真、上左)。
階段を登り詰めると、馬頭観音のある奥の院の左手にあっさり登路らしきものを発見(左写真)。よ〜し、ここだな〜。
さっそく登り始めるが、この岩溝ったら落ち葉が深いところでは膝下くらいまであって、足掛りがすこぶる悪い。左右の岩には苔が生えていて、これまた良く滑る。
慎重に登って、あとちょっとというところで手掛かりを空振りして3mほどずり落ちる。んも〜、全身落ち葉だらけ。

岩溝からの登攀はあきらめて、麓の石段下にある集会所横の竹林から登ることにする(頁下写真、上中)。ここも落ち葉でよく滑るが、なんとか竹を掴みながら登っていく。ヒー、息が切れるる・・・
竹林を抜けると、まばらな雑木林。先が明るくなってきた。稜線なのか?(頁下写真、上右)
 
一気に視界が開ける。うおおおお〜、ナイス展望!(右写真、クリックで登頂時の動画へ)
静かな山頂には三等三角点と、そばの木に色あせた赤テープがあった(頁下写真、下左)。
こんなところに来る人もいるもんだな。
 
山頂から北方向

西側斜面から採石場跡の間を降りる。怖いよう。
さて、下山はどうしようか。もうちょっと楽なルートはないのかね。
少し下ったところから西側を覗くと、広くて斜度も緩やかな感じだ。不動明王像がある場所(頁下写真、下中)から西側に向かって下りていく。落ち葉で滑るのはあいかわらずだが、斜面が広いからまだ楽チンだぜ。
と、しばらく下るとルートが急に狭くなった。
両側が採石場の跡だ! 尾根状に細く掘り残してあるところを通らねば降りられない(左写真)。
もし落ちたら・・・あああああああああ〜〜!!
 
何度か小さくズリッと滑りながらも、無事に下まで降りる。やれやれ・・・
良い子のみんな〜、西側のルートはやめとこうね〜〜!
 

凝灰岩の参道を登る。 参道下の集会場横から、竹林内のルートに転進。 山頂稜線直下。落ち葉の積もった急登。
ひっそりと三等三角点。 西側にある見事な丸彫り不動明王。ここから西側斜面に降りた。 採石場跡を下から。落ちたらタダではすまなかったな。
トップページ このサイトについて 羽黒山(鶴田町) 上欠町 138,2mピーク 戸室山 磯山(真岡市) 仏生寺 芳賀新四国八十八か所霊場 浅間山(二宮町)
釜川遡行(前編) 釜川遡行(後編) 坊主山 瓦谷町 205.1mピーク きのこ山 千渡山 多気山 南面 盗人岩(日光市)
猪倉城跡 鞍掛山 西峰 高所(那須烏山市) 雨乞山(宇都宮市) 岩崎 444mピーク 盗人岩 東尾根 城山尋常小學校南校 學道 ● 岩本観音 三角点峰
そこナニナムナム写真館 そこナニ河川合流部写真館 リンク集